haruka nakamura PIANO ENSEMBLE × mïndy

produce|haruka nakamura

​direction, art work|mi'ndy

 

 

この『光・one light』はPIANO ENSEMBLEを率いる音楽家haruka nakamuraと造形作家mi’ndyによるコラボレーション作品です。さらに皆さまにもご参加頂いて生みだすart project。

 

● haruka nakamura PIANO ENSEMBLE

『音楽のある風景』ツアーの最終公演『光』が、7月21日、東京カテドラル聖マリア大聖堂にて開催決定。(sold out)

 

2015年1月、東京ソノリウムから始まったPIANO ENSEMBLEの長い旅が遂に終わりを迎えます。

日本各地の教会や聖堂、さらに台湾、シンガポールでの海外公演、そして、めぐろパーシモン小ホールなどでの公開録音公演。中には通常は公演が行えない広島・世界平和記念聖堂での開催という奇跡も生まれました。それぞれの場所、空間、人々と共鳴しながら、即興演奏による再構築を繰り返し、音楽を昇華させてきたPIANO ENSEMBLE。ツアー中盤から参加の聖歌隊CANTUS、うらら、baobabらのコーラスによる「うた」が加わったことにより、ついに彼らの音楽は”光”へと向かいます

 

PIANO ENSEMBLE:
haruka nakamura (Pf)
ARAKI Shin (Sax&Flute)
akira uchida (Sax)
rie nemoto (Violin)
isao saito (Drums)

● mi'ndy

ビジュアルディレクター、造形作家 :フクシマミキ

mi'ndyのexhibitionでBGMやパフォーマンス、haruka nakamuraのphoto exhibition『∞』ではディレクション、art workなどコラボレーションを重ねる。 

このPIANO ENSEMBLEを通して何が見えてくるのか‥スタートすると同時にほとんどの公演を共に巡ってきたmi'ndy。その過程で見えてきた “ 光 ” を、もうひとつの形として作り出します。